作家・吉村喜彦のホームページ

10月10日の城ヶ島

10月10日の城ヶ島

10月10日は、1964年に開かれた東京オリンピック・開会式の日。 東京の空はくっきりと晴れていました。 翌々年から、10・10が「体育の日」として、国民の祝日となりました。(~1999年まで) いまは、10月の第2月曜日が「体育の日」です …

生涯不良

生涯不良

十六夜(いざよい)の日に、角川春樹さんから、焼酎をいただきました。 その名も「生涯不良」。 春樹さんが自らプロデュースして生まれたお酒で、 限定2000本の「もち米」焼酎。 宮崎県高千穂(たかちほ)の秋元神社の御神水仕込みです。 もち米から …

台北、ふらふら(5日目)

台北、ふらふら(5日目)

台湾といえば、やっぱり マンゴーかき氷。 台北の友人が言うには、 「わたしがいちばん好きなお店は、『冰讚(ピンザン)』。 開いているのは、マンゴーの季節だけなんです」。 4月中旬から10月末頃までの、 季節限定で開くかき氷屋さん。 これは、 …

台北、ふらふら(4日目)

台北、ふらふら(4日目)

豚足が好きです。 台湾も沖縄と同じく、豚は「鳴き声以外ぜんぶ」食べちゃいます。 沖縄では、なんといっても、「ティビチ」。 豚足を醤油や砂糖、みりんで煮込んだ料理ですが、 台湾にも、おいしい豚足料理屋さん、たくさんあります。 で、今回はじめて …

台北、ふらふら。(第2日目)

台北、ふらふら。(第2日目)

朝おきて、気温はすでに34℃。 とっても蒸し暑い。 なんか涼やかで、さらっとしたものが食べたいな、 と思って、頭に浮かんだのが、涼麵(りゃんめん)。 で、ホテルからもほど近い「偉富麵館」というお店に行ってきました。 【涼麵(小)40元。(1 …

台北、ふらふら。(第1日目)

台北、ふらふら。(第1日目)

一昨年から、台湾にはまって、 この3年間で、4回目の台北です。 なんか、台北にいると、大阪にいるように落ちつくんです。 台北・松山空港に着いたのは、日曜日の11:30。 お昼ごはんに行こうと思っていたお店が、残念ながら、日曜は休みとのこと。 …

うなぎと百閒(ひゃっけん)。

うなぎと百閒(ひゃっけん)。

雲ひとつない、快晴の東京。 暑い。とにかく、暑い。 ちょっと歩くだけで、とても疲れます。 朝おきると、だるい。めっちゃ、だるい。 そんなある日、 「疲れたときには、うなぎだよ」 と江戸っ子のイトコ、スーちゃん が教えてくれました。 そうか。 …

山形のサクランボ

山形のサクランボ

先日、山形の果樹園「うばふところ」さんから、 紅秀峰(べにしゅうほう)をいただきました。 「うばふところ」さんは、 山形県上山(かみのやま)市郊外にある果樹園。 初夏のサクランボ。秋のラ・フランスが、とっても美味しいです。 また、その数日前 …

安土へ。近江へ。牛肉へ。

安土へ。近江へ。牛肉へ。

 本能寺の変があったのは、グレゴリオ歴(いまのぼくらが使っている暦)で、  1582年(午年)7月1日。  織田信長の誕生日は、1534年(午年)の7月3日。  この梅雨の時期は、信長と深い縁のあるときなのです。  (ちなみに、桶狭間の戦い …