作家・吉村喜彦のホームページ

居酒屋訪問、続いています。
人形町「笹新」に続いて、今回は、秋葉原の「赤津加」へ。
秋葉原の一角にある、時間が止まったような空間です。
赤津加正面
創業は、1954年(昭和29年)。ぼくとまったく同い年です。
なんだか、それだけでも親近感が湧いてきます。

店の屋根看板は、大好きな「菊正宗」。
これがまたシブいのです。
赤津加看板
コの字型カウンターに座って、最初に頼んだのは、鶏もつ煮込み。
東京では、意外や意外、白味噌仕立てです。
小鍋でぐつぐつ、熱々で、登場。 これが、おいしい!
赤津加もつ煮込み
菊正宗の生貯蔵酒を合わせました。
菊正宗生貯蔵酒
そして、マグロのぶつには、菊正の熱燗。
カウンターの向こうには、燗つけ器。
菊正宗の絶妙の燗酒です。
赤津加燗漬け器
ウルメイワシを頭から、がぶり。
この苦みと酒のマリアージュ。たまりません。
ウルメイワシ
〆は、大好物の焼きおにぎり。
表面カリッカリッの、お煎餅みたいな皮。
醤油味が染みわたった逸品でした。
焼きおにぎり
また、早い時間から来ようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です