作家・吉村喜彦のホームページ

ゴールデンウイークの合間。土曜日の夜。
「The Bar草間GINZA」にお邪魔しました。
人形町のツツジ
マスターの草間さんからは、古武士のような、背筋のしゃんとした香りが立ってきます。
でも、その気配はやわらかい。

「バーテンダーはスタンダードから始まり、スタンダードに終わる」
と草間さんはおっしゃいます。
スタンダードは絶対にごまかせないからだと。

そこでオーダーは、やはり、マティーニ。
草間さんのマティーニ
ジンはプリマス。ヴェルモットはマルティニ・ドライ。 
オレンジビターズを1ドロップ🍸

ステアを終えるタイミングは、「氷が『いいよ』と言ってくれるとき」だそうです✨
慎ましやかに、でも、しっかりと香りが立ち上がってきます。
やわらかいのに、「骨」がある。
職人の骨がきらきらと輝いています。
草間さんのステア
水を、ジンやヴェルモット、ビターズにいかに練り込んでいくか。
そこが美味しさの分かれ道だと。

カクテルには、「水」が大切なんですね。

ローズのライムジュース
草間さんのギムレットも素晴らしい。
ローズのコーデュアル・ライムジュースとプリマスジンを半分ずつ。
レイモンド・チャンドラー『長いお別れ』に登場する、あのギムレット。
上品な甘さと酸味、ほのかな苦みのバランス。
草間さんのギムレット

フィリップ・マーロウは
「ほんとうのギムレットはジンとローズのライムジュースを半分ずつ、他には何も入れないんだ。
マティーニなんかとてもかなわない」
と言っています。

ぜひ、マーロウの飲んだギムレットを、The Bar草間GINZAで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です