作家・吉村喜彦のホームページ

月刊「地域人」での連載「港町ブルース」。   (大正大学が発行しています)
2022年2月10日売り(78号)。
地域人78号
岡山県日生(ひなせ)漁協の
アマモ場再生活動とカキ養殖の話を書きました。
78号1p
78号p2
ひなせは島々に囲まれた閉鎖的な海。
生態系に配慮した持続可能な漁業を考え、実践しています。
ひなせの海
1985年からはじまった「アマモ場再生プロジェクト」。
地道にアマモの種を播きつづけて、35年以上。
78号アマモ場
アマモ場はじょじょに回復し、
カキの生産も安定するようになったそうです。
ひなせカキ
「継続は力なり」
という言葉が、胸にひびきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です