作家・吉村喜彦のホームページ

和歌山県のみなべ町は、梅干しの生産量全国一。
みなべ紅梅
みなべ白梅
梅干し

そんな町で、クエタマという新しい高級魚の陸上養殖がはじまっています。
クエタマというのは、
クエ と タマカイ(ともにハタの仲間) をかけあわせた新しい魚の品種。

クエは、専門の漁師でさえ月に何本も獲れず、
あぶらの乗りのよい白身の高級魚として知られています。
みなべ堺漁港
「クエを食ったら、ほかの魚は食えん」
といわれるほど美味しくて、クエ鍋は和歌山の冬の名物。

一方、タマカイも、同じハタの仲間。
なんと、体長200㎝・体重400㎏にも達する巨大な魚です。
 南シナ海やインド洋など、あたたかい海に生息。
 台湾では「ハタの王様」と呼ばれ、さかんに養殖もされてます。

 そんなクエとタマカイを掛け合わせて生まれたのがクエタマ。
みなべ町では、梅干しを漬けた樽を水槽にして、養殖しています。
㎏5500円の値段です。
クエタマ

そんなクエタマの、鍋と刺身、唐揚げを食べました。
クエタマ刺身
刺身はこりこりと、予想よりもあっさり。
しかし、醤油にはひたひたーっときめ細かい油が浮きます。
日本酒に合わせると、よりいっそう甘みが際立ちました。
クエタマ唐揚げ
クエタマ鍋

 唐揚げはふわっふわっ。脂はぜんぜんしつこくない。
 そして、鍋。
 あの怖い顔を思い出し、こわごわ唇のまわりを食べる。
 と、これが、にゅるりとコラーゲンたっぷり。超美味です。ちょっと甘めのポン酢も合ってます。
 厚めに切った身肉は、すごい弾力でした。
クエタマ刺身

どこまで広く、青い和歌山の海。
和歌山の海
春の息吹きを感じた、みなべ町の旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です