作家・吉村喜彦のホームページ

秋田の新政酒造にお邪魔しました。

社長の佐藤祐輔さんに、酒造りの過程や無農薬で酒米作りをしている鵜養(うやしない)地区を
案内していただきました。
新政の木桶

江戸時代と変わらぬ生酛(きもと)造り、秋田県産の米のみを使った酒造り。
伝統に則って出来上がるお酒は、しかし、新しいスタイル。

故きを温ねて新しきを知る=「温故知新」「不易流行」の哲学を感じました。

「農民藝術概論2019」というお酒を飲みました。
農民藝術概論
       
ネーミングから、素敵です。 
宮沢賢治「農民藝術概論綱要」へのオマージュです。

鵜養にある新政の田んぼで無農薬栽培した米でつくったお酒です。    
  鵜養                    
「われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である」
という賢治さんの言葉が聞こえてくるようです。
鵜養の滝
 ひとくち飲むと、さらさら流れる鵜養(うやしない)の水の音が聞こえてきます。
鵜養の水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です