作家・吉村喜彦のホームページ

JR鶯谷駅近くにある居酒屋「鍵屋」は、
江戸時代には、お酒屋さん。
創業、安政3年(1856)。 ペリー来航の3年後。

昭和になってから店で酒を飲ませる角打ちをはじめ、
戦後、居酒屋になったそうです。
鍵屋

以前から行きたかったお店ですが、はじめてお邪魔しました。
緊張感をもって、扉を開けました。

カウンターが8席。小上がりが、4卓16席。
こじんまりとして、とてもイイ感じ。
店全体が、しっとりと温もりがありました。
鍵屋・サッポロ赤星
飲んだビールは、サッポロ赤星。
日本酒は、櫻正宗のぬる燗、菊正宗の熱燗。
女将さんが絶妙にお燗をしてくれます。
しかも、以前から知っているような、人情味のある、あたたかい対応に
ついついお酒がすすみます。

櫻正宗はほんわり柔らかく、
菊正宗はキリッと辛口。
鍵屋の徳利

徳利は、鬼平や秋山小兵衛、藤枝梅安が
よく飲んでいる、あのシンプルなかたち。
お皿に載っているのは、合鴨の塩焼き(690円)

品書きの板も年季が入って、すばらしい。
鍵屋のメニュー

うなぎを串に巻きつけて焼いた「うなぎくりからやき」(570円)もイケる。
うなぎくりからやき

煮奴  690円
煮奴

味噌おでん 610円
鍵屋みそおでん

煮こごり、サービスしてくれました。
鍵屋にこごり
めっちゃ美味しいです。

ああ! 
すばらしき茶色の世界。

また、早くお邪魔したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です