作家・吉村喜彦のホームページ

連載「港町ブルース」。

月刊「地域人61号」(’20年9月10日売り)に
小豆島の島鱧取材記事が、掲載されました。
地域人61号
港町ブルース小豆島後編

それまで小豆島ではほとんど食べられていなかったハモ。  
でも、その商品価値を知って、若い漁師と漁協職員が大阪の市場に出しました。ところが、なかなか評価されない・・。
「どうしたら、ええんやろ?」
 試行錯誤が続きます。
 そして生まれた「小豆島 島鱧」ブランド。
上川クン、田中クン
長栄クン
 いまは、ハモの本場、関西でも高い評価を得ています。
 そのあたりのことを、書いています。
 島の日本料理「島活」さんにもお邪魔して、おいしいハモ、いただきました。
島活の鱧湯引き
「島活」の素麺も絶品です。
島活そうめん
小豆島は、そうめんと醤油が名産ですもんね。
小豆島そうめん食べる
そんなこんなで。ぜひ、ぜひ。

 ああ、小豆島に行きた〜い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です