作家・吉村喜彦のホームページ

「あなご」を得意とする割烹料理「旬菜和房はっけい」に行きました。
場所は、白金(しろがね)。
料理長は、お寿司屋さん出身。
修業時代に「あなご」をさばくのが得意だったそうです。
ご夫妻でお店を営まれています。

「あなご」の仕事って、ほんと難しい。
ミシュラン三つ星などの寿司屋さんに行っても、
「あなご」が土臭かかったことって、けっこうあるんです。
そのたびに、がっかり。

あなご刺身

でも、こちらの「あなご」は、素晴らしい!
あなごの刺身、初めて食べました。

煮あなご。抜群です。
こんなに美味しいあなごは食べたことがありません。(お世辞ぬきです)
スフレのようなふわふわ感と、何と言っても、タレ(つめ)がすごい。
醤油と日本酒、味醂がベースになっているようで、
甘辛く、上品で、しかも、ほのかな苦みがきいています。
煮アナゴ
あなごのエキスがたっぷり入った煮汁を、弱火でコトコト煮つめたタレです。
18年間注ぎ足したものだそう。
煮アナゴ2
焼きあなごも美味しい!
焼き穴子

「しゃぶしゃぶ」は初めて。
お鍋にぎっしりと金胡麻が敷き詰められたように浮いていて、
まずアピアランスがグッド!
穴子しゃぶ・ごま
この胡麻の味が、穴子にばっちりなんですね。
穴子のしゃぶしゃぶは、鱧すきよりも、あっさりとして、でも、滋味深く、上品。
穴子しゃぶしゃぶ
この「ほどの良さ」が、穴子のキャラクターなんでしょうか。
穴子雑炊

最後の雑炊も素晴らしい。
やはり、(ふぐをはじめ)鍋物は、雑炊のためにある、と再確認しました。

また、穴子、食べに行きた〜い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です