作家・吉村喜彦のホームページ

先日、山形の果樹園「うばふところ」さんから、
紅秀峰(べにしゅうほう)をいただきました。

「うばふところ」さんは、
山形県上山(かみのやま)市郊外にある果樹園。
初夏のサクランボ。秋のラ・フランスが、とっても美味しいです。

山形の果樹園「うばふところ」さんから、 紅秀峰(べにしゅうほう)をいただきました。(その1)

紅秀峰

山形の果樹園「うばふところ」さんから、 紅秀峰(べにしゅうほう)をいただきました。(その2)

紅秀峰

また、その数日前には、
上山温泉「葉山館」の五十嵐美根子女将(おかみ)から
「佐藤錦(さとうにしき)」をいただきました。

上山温泉「葉山館」の五十嵐美根子女将(おかみ)から 「佐藤錦(さとうにしき)」をいただきました。(その1)

佐藤錦

上山温泉「葉山館」の五十嵐美根子女将(おかみ)から 「佐藤錦(さとうにしき)」をいただきました。(その2)

佐藤錦

どうです?
紅秀峰と佐藤錦。
色合いなどが違いますよね。
紅秀峰のほうが、照りがいい感じです。

紅秀峰は、佐藤錦よりも収穫時期が遅く、6月下旬から7月上旬だそうです。
大きさは、紅秀峰のほうが、若干大きいです。

佐藤錦は、ぷりっとした歯応え。甘酸っぱく、甘味と酸味のバランスが特徴。
紅秀峰は、佐藤錦よりも、しっかりとした歯応え。
肉厚で、甘みも佐藤錦よりも強いです。

佐藤錦は、いかにも日本のサクランボという感じ。
紅秀峰は、アメリカンチェリーのような濃い甘みがいいですね。

そういえば、
子どもの頃、「黄色いサクランボ」という曲がヒットしました。

 

 

1959年(昭和34年)リリースのレコード。
スリー・キャッツという女性トリオが歌っていました。
作曲・浜口庫之助、作詞:星野哲郎。

ぼくが4歳の頃の歌ですが、この歌、しっかり記憶に残っています。
後に、1970年(昭和45年)にゴールデン・ハーフがカバーしました。

チェリーといえば、この曲も思い出しますね。

 

 

ローリング・ストーンズの「 Cherry Oh Baby」です。
この曲の入っているアルバム「Black & Blue」は、ストーンズのなかで一番好きです。
大学生の頃、このアルバムばかり聴いている時期がありました。

とくに、この歌。「 Memory Motel」。
キースがハモるところ、よく真似したものです。

 

 

サクランボといえば、やはり、太宰治。
小説「桜桃(おうとう)」は、秀逸です。
おとなになって読めば読むほど、胸にきます。
こちらで、ぜひ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/308_14910.html

7月7日は、二子玉川にも、にじんだ満月がのぼりました。

7月7日は、二子玉川にも、にじんだ満月がのぼりました。

黄色いサクランボのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です