作家・吉村喜彦のホームページ

二子玉川から、多摩川を渡ると、二子新地。
川を渡るだけで、まったく空気感がちがいます。
ちょっとした、旅に出た感じです。

歩いているひとの気配も、気取りがなく、
横並びになって傲慢にベビーカーを押し歩く人など、
むろん見かけません。

そんな二子新地の大山街道沿いに
ネパール料理屋さんを見つけました。

ネパールには1991年の5月に一度行きました。

カトマンズとポカラ、
そしてエベレスト上空を飛ぶ飛行機にも乗りました。
カトマンズからポカラへは、小さなセスナで移動。
扉が風にガタガタ鳴っていたのが、記憶に残っています。

エベレスト

ポカラでは、フィッシュテイル・ロッジに泊まり、
のんびりした時間を過ごし、
カトマンズまで自動車で帰ってきました。

この道がすごい土埃。
バンダナで口を覆っていても、その隙間から土埃が入ってきて、
いくらビールを飲んで洗い流そうとしても、落ちません。
そういえば、乗馬をやっていた先輩が、
「土埃はウイスキーを飲むと落ちる」と言っていたのを思い出し、
スコッチのストレートを飲ると、あら不思議、土埃はすっと消えました。
これも、ネパールの思い出のひとつ。

そういえば、西部劇でカウボーイが酒場に入ってきて、
バーボンをきゅっと飲るのは、
のどについた土埃を流すためなのかもしれません。

さて。
二子新地のネパール料理屋さんで食べたもの。
こんな感じです。

まずは、ビール。ネパール・アイスという銘柄です。550円。

まずは、ビール。ネパール・アイスという銘柄です。550円。
クリアでフルーティーな味わい。
ラベルの山は、マチャプチャレ(フィッシュテール)。
マチャプチャレは、ポカラから北に25㎞にあります。

こちら、まさに「エベレスト」。600円。

こちら、まさに「エベレスト」。600円。
ほどよい苦みとコク。しっかりとしたテイスト。

おもしろいタイプのモモ(=ネパールの餃子)

おもしろいタイプのモモ(=ネパールの餃子)。蒸してあります。600円。
小籠包みたい。中からジュワッとターメリックを使ったスープが。
真ん中にあるのは、ターメリックとパクチーを使ったペースト状のソース。
これが癖になる美味さ!

タンドリー・チキン。600円。これが、今回、いちばん美味!

タンドリー・チキン。600円。これが、今回、いちばん美味!

パングラ。650円。 砂肝のスパイシーな炒めもの。ネパールでは定番のおつまみだとか。

パングラ。650円。
砂肝のスパイシーな炒めもの。ネパールでは定番のおつまみだとか。
このお皿が来たとき、周りのひとたちが、いっせいに咳き込むので、
「なんでかなー?」と思っていると、風向きが変わって、今度はぼくらが咳き込むことに。
超スパイシー。辛い。汗たくさん出ます。でも、この辛さが、ビールには合います。

チキンカレー(700円)とプレーン・ナン(250円)。

チキンカレー(700円)とプレーン・ナン(250円)。
ナンが、超大きい! やわからい。甘い。今まで食べたことのないナン。
チキンカレーは、口当たりが甘いけど、やがて、酸味と辛みがやってくる味わい。

ククリラム(450円)。 ネパールのラム。

ククリラム(450円)。
ネパールのラム。上品な甘み、味が深い。おいしい。
辛いパングラにぴったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です