作家・吉村喜彦のホームページ

向島の長命寺桜もちを初めて食べました。
1717年創業以来、変わらぬ作り方だそうです。
長命寺桜餅1
大川の桜の葉を塩漬けにして、お餅を包む発想がすばらしい。
江戸の大ヒット商品です。
桜餅2
小麦粉のクレープみたいなお餅とこしあんが、ほんのり甘くて、上品です。                        
桜餅のれん
 秋の墨東(ぼくとう)を楽しみました🍁
墨東の夕景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です