作家・吉村喜彦のホームページ

下町・深川を散歩。
以前から食べたかった「深川めし」と「深川丼」を食べました。

「深川めし」は、アサリとシメジを出汁で
ふっくら炊き上げてありました。
深川めし

「深川丼」は、アサリとネギ、油揚げを出汁で煮込んでました。
深川どんぶり

深川の漁師たちが、仕事のあいまに食べる賄い飯だった「ぶっかけめし」が
深川丼や深川めしのルーツ。

深川の名前は慶長年間(1596‐1615)に
大坂から移住してこの付近を開発した深川八郎右衛門にちなむといわれてます。
両国広小路

深川は、水のにおいのする町。
どこか大阪と似てるなあ、と思ったのですが、
町のはじまりを知ると、なるほど、と納得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です