作家・吉村喜彦のホームページ

雑誌「地域人」47号に、
「湘南はまぐり」の記事が掲載されました。

地域人47号表紙

題して、「湘南はまぐりボーイズ。地域ブランド化への、あくなき挑戦!」。

地域人47号誌面
ことし、2月下旬。ひなまつり直前の湘南で、
藤沢市漁協・組合長の葉山一郎さんからお話をうかがいました。

2017年に、「湘南はまぐり」はブランド化されたそう。
湘南海岸はまぐり船
葉山さんは、言います。

「この浜はハマグリに適してんだよ。
相模湾の中にゃ、相模川、江ノ島の近くにゃ境川と引地川が
流れ込んでるだろ。
川と海が出合ってよ。
ハマグリの餌になるプランクトンがいっぺえいるんだ。
うちは大きさ7㎝以上のものしか採らねえ」
葉山さんの笑顔
急に水深が深くなる相模湾のなかでも、
藤沢の地先は海底がなだらかに傾いていて、砂がたまりやすいそうです。
獲れたハマグリ
葉山さんの言葉はこんなふうに続きました。

「この浜は砂の粒子がいいから、ここはハマグリが砂の中に潜りやすくて、棲みやすい。
 ただし、砂粒が細ければいいってもんじぇねえ。
 細かすぎると、地が堅いじゃん。
 そうすっと、潜るのに優しくねえじゃんかよ。
 ここの浜は、優しく潜れんだべよ。
 少し砂粒が粗いから、ハマグリもキュキュッと潜れんじぇねえか?
 おれはハマグリじゃねえけど(笑)。
 なんでも加減が大事だべ」
江ノ島とハマグリ船
なるほど。
「良い加減」はたいせつですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です