作家・吉村喜彦のホームページ

雑誌「地域人」45号に、
土佐清水の「ゴマサバ漁」が掲載されました。
地域人45号
刺身で食べられるという新鮮なゴマサバが売りの土佐清水。
鮮度を保つための工夫をいろいろうかがいました。

サバの身を焼かないように、船の上でも港でも、
魚のからだには一切、手を触れません。

港に着いたゴマサバは、漁師がタモで優しくすくいあげ、
岸壁で待ち受ける漁協職員がそのタモを受け取ると、
活魚槽(水槽)まで、全速力で走って運びます。
土佐清水でh、これを「サバ・ダッシュ」と呼んでいます。
サバ・ダッシュ1
サバ・ダッシュ2
サバ・ダッシュ3
サバ・ダッシュ4
サバ・ダッシュ5

活魚槽では、ファインバブル(微細な気泡)を発生させる装置をつけて、
魚をリラックスさせて、ストレスをとります。
まるで、人間が温泉のバブルで気持ちよくなるみたい。
土佐清水の活魚槽
そんなこんなで、ストレスをとったサバを
スピーディーに出荷。
朝2時から血抜き・神経締めの処理をして、5時には出荷。
東京でも、その日の15時には到着するそうです。
ゴマサバ

「空飛ぶ清水サバ」は、大好評。

足のはやいサバを追い越すスピードで、サバ・ダッシュをかけて、
鮮度にこだわり抜いた、土佐清水のゴマサバです
ゴマサバ刺身
パセリの左横にある小っちゃいのは、ゴマサバの心臓です!
コリコリッとしてて、とっても美味しい。
新鮮じゃないと、食べられません。

(6月10日売りの「地域人」46号にも土佐清水のサバの記事、掲載されます。後編です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です