作家・吉村喜彦のホームページ

5月の連休直前。

渡し船に乗りたくて、久々に大阪に行きました。

大阪市内には、いま、8つ渡し船の航路があるそうです。
甚兵衛渡し・江戸時代の絵
ぼくらが乗ったのは、「甚兵衛渡し」という尻無川(しりなしがわ)を
渡る船。
港区の福崎(ふくざき)と大正区の泉尾(いずお)を結んでいます。
甚兵衛渡しの看板
100メートル足らずの川幅を1分ほどで渡ります。
乗船料は、無料。(大阪市が運営)
渡し船1
渡し船2
渡し船3
渡し船4

通勤通学のひと、病院に通うひと、買い物にいくひと・・・
それぞれの目的で、この船に乗ります。
渡し船お客さん1

たった1分の船旅ですが、
川風がとっても気持ちいい。
水鳥が飛び、魚も川のなかで跳ねたりしています。
渡し船・お客さん2

大正区は、沖縄出身のひとがたくさん住む街。
戦前には、あの嘉手苅林昌(かでかる・りんしょう)さんも住んでいた、
とインタビューしたときに、おっしゃっていました。
たしか、北恩加島の製材所で働いていたとか。

林昌さんも、この渡しに乗ったのかな?
甚兵衛の渡し船
やはり、大阪は「水の都」やなあ、と思いました。
尻無川のシンボル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です