作家・吉村喜彦のホームページ

日刊ゲンダイ(18年12月6日号)に
『酒の神さま〜バー・リバーサイド3』の書評が掲載されました。
日刊ゲンダイ18/12/6

(書評内容)

 バー・リバーサイドに久しぶりにアッコこと明子が姿を見せ、
骨折した母親の介護のため、
しばらく五島列島の中通島の実家に帰省していたと、
お土産をマスターの草太に手渡す。

 草太は、「爽やかで季節にぴったりのもの」
という彼女のリクエストに応え、
シャンパンと搾りたてのオレンジジュースでミモザをつくる。
 
 彼女は地元タクシー会社のエース・ドライバーだったが、
このところ成績が伸びず悩んでいた。

 その原因に心当たりはあるのだが、
自分ではどうすることもできない。

 そんなある日、川沿いの道を運転していたアッコは、
路上で動けなくなっていたレース用のハトを保護する。(「サザン・バード」)

 店の窓から多摩川を望む小さなバーを舞台に繰り広げられる
ハートウォーミング・ストーリー集。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です