作家・吉村喜彦のホームページ

いよいよ、プレジデントスタイルでの連載がはじまりました。

題して、「吉村喜彦のin vino veritas(イン・ヴィーノ・ヴェリタス)」
in vino veritasとは、「酒に真実あり」という
ラテン語の格言です。

第1回目は、スコッチウイスキーの「ジョニーウオーカー・赤ラベル(ジョニ赤)」
を取りあげました。

tenzoジョニ赤

下記URLでアップされています。
https://style.president.jp/lifestyle/2018/0728_000315.php
ぜひ、ご覧ください。

このところ、国産ウイスキーが品不足なんだそうです。
国産ウイスキーのハイボールはおいしくて、よく飲まれていますが、
国産がないのなら、本家のスコッチがあるさ、ということで、
ジョニ赤を取りあげました。

一流バーテンダーに
「どのウイスキーのハイボールがお薦めですか?」と訊くと、
「ジョニ赤です」という答が、しばしば、かえってきます。

そのあたりのことを、コラムで書いています。

そういえば、最近は、ホワイトホースもキャンペーンをはってますね。

かつて、日本の米が不足してたことがありました。
そのとき、「タイ米」などのインディカ米の輸入が増えたことがありました。
「やっぱり、日本のお米がうまい」というひともいましたが、
ぼくは、そうは思いませんでした。

チャーハンやカレーには、インディカ米のほうがサラサラしていて、
ずっと合っていると思います。

そんなこんなを思い出しました。
十三トリス・ハイボール

「in vino veritas」は、じつは、対句になっていて、
このあとに、in aqua sanitas「水に健康あり」
とつづくそうです。

チェイサーはたいせつですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です