作家・吉村喜彦のホームページ

先日、久しぶりに広尾のナショナル麻布スーパーに行きました。
と、レジ近くに、妙な器械が・・・。
見ていると、お客さんが、ピーナッツを入れて、何やらにょろにょろと
下から出てくるのです。
ピーナッツバター1

お、ピーナッツバターの製造マシンだ!

アメリカ人は、ピーナッツバターが大好き。
ジャムと一緒にパンに塗ったサンドイッチは、おやつの定番。

まずは、マシンにピーナッツを入れ、カップを置き、スイッチをスタート。
ガーッという音とともに、香ばしいピーナッツのかおりが漂いだして、
はい! この通り!
ピーナッツバター2

滑らかにクリーミー。
食欲を刺激される香りです。

このマシンで作ったピーナッツバターは、
オール・ナチュラル。
すべて自然の美味しさです。
作りたてで、とってもフレッシュ!

そのまま食べても、めちゃ美味しい。
ハチミツと一緒にパンに塗って食べるのもいいです。
アレンジで、担々麺や冷麺に使うのもOK。

(文:吉村喜彦&有美子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です