作家・吉村喜彦のホームページ

 五月雨は、旧暦五月の雨のこと。
 この6月27日(旧暦 閏五月四日)から29日にかけて、
 鮎を食べに、京都に行きました。
 
 今回は、新幹線ではなく、車で往復。
 はじめて新東名を走りましたが、とても走りやすい道でした。

 用賀インターから新東名、伊勢湾岸道路、東名阪、新名神を経由。
 約5時間で、京都東インターで降りて、京都の街へ。

 途中、近畿圏の土山サービスエリア(滋賀県甲賀市)に入った途端、
 こんなお土産を売っていました。

お土産「通天カツ」

 さすが、関西です。

大津サービスエリアからは琵琶湖と、比叡比良(ひえいひら)の山並みが。  まさに五月雨の旅。曇天です。

 大津サービスエリアからは琵琶湖と、比叡比良(ひえいひら)の山並みが。
 まさに五月雨の旅。曇天です。

 さて。
 初夏の京都は、鮎と鱧(はも)。
 めざすは、京都・銀閣寺道(ぎんかくじみち)交差点近くにある「御料理・中善(なかぜん)」。

 むかし学生時代をすごした下宿のすぐそば。
 とっても懐かしいエリアです。
 2年前に初めて訪れて、こちらで食べた鮎とハモの味が忘れられず、去年も今年もお邪魔しています。

バーナーで、鱧の皮を焦がします。

 バーナーで、鱧の皮を焦がします。
 ほのかにスモーキーな味わい。
 ますますお酒がすすみます。

 大将の佐々木健人さんのお顔を見るだけで、
 作り出されるお料理が美味しいことがわかりますよね。
 いろんなお店を訪問して、
 大将の顔=美味しさの象徴と確信いたします。

氷の上で冷やします。

 氷の上で冷やします。

美しい盛りつけ。

 美しい盛りつけ。

お酒は、東近江の「喜楽長(きらくちょう)」。

 お酒は、東近江の「喜楽長(きらくちょう)」。

東近江の「喜楽長(きらくちょう)

鮎は、長さ10㎝ほど。

香ばしい鮎の皮のお焦げと、肝の甘苦さが、 口のなかで渾然と溶けあいます。

 鮎は、長さ10㎝ほど。
 頃合いの大きさ。
 頭から、いきます。
 と、香ばしい鮎の皮のお焦げと、肝の甘苦さが、
 口のなかで渾然と溶けあいます。
 アフターテイストは、清冽で爽やか。初夏の川の香り。

 京都のみどりの雨が似合っています。

 この一瞬の美味しさのために高速道路を駆けてきた甲斐(かい)がありました。

 五月雨のころは、京都で鮎を、ぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です