作家・吉村喜彦のホームページ

じつは、このお店のたたきを食べるために、
毎年1度、高知におじゃましているんです。

「黒尊(くろそん)」というお店の、カツオのたたき。
塩とニンニク、少々の山葵で、シンプルに食べます。
 
分厚い切り身から、カツオの爽やかな血の味わいが。
皮の焦げたところが、香ばしくて、
まさに、フィレ肉のステーキのよう。

高知は、焦がし方とニンニク、柑橘の使い方が、
ばつぐんに上手です。
 
あわせるお酒は、「美丈夫(びじょうふ)」。
たいへん、すすみます。

「黒尊(くろそん)」というお店の、カツオのたたき。塩とニンニク、少々の山葵で、シンプルに食べます。

 「黒尊(くろそん)」というお店

お腹いっぱいになりましたが、
やはり、高知のシメといえば、餃子でしょう。
「安兵衛」に行きました。

「安兵衛」

焼き餃子420円。

焼き餃子420円。

やっぱり、キリンのラガーが合いますね。

やっぱり、キリンのラガーが合いますね。

サックサクの皮は、パイ生地のよう。皮がとっても薄いのです。
野菜多めで、ジューシーな餡(あん)。
全体として、さっぱりとした味わいは、まさに高知のひとと同じ。
明るく、あっさりとしたテイストが、高知の魅力だと思います。

帰りの飛行機からは、室戸岬が見えました。

帰りの飛行機からは、室戸岬が見えました。

室戸岬には、若き日の弘法大師が修行したという伝説が残っています。
岬の洞窟の中から見えた風景が「空と海」だったので
「空海」と名のるきっかけになったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です