作家・吉村喜彦のホームページ

連載「港町ブルース」。

月刊「地域人73号」(’21年9月10日売り)に
船橋のホンビノス漁の取材記事が、掲載されました。
地域人73
ホンビノス記事
ハマグリによく似た大型二枚貝。
原産地は、北米大陸の大西洋側。
ホンビノス焼き
欧米で、クラムチャウダーに使われているのが、このホンビノス。
東京湾には、1990年代、船のバラスト水か船体に付着してやってきたようです。
クラムチャウダー

日本一の生産量をほこる船橋で、
沖合の三番瀬(さんばんぜ)でいとなまれるホンビノス漁を
取材しました。
ホンビノス漁1
ホンビノス漁2
ホンビノス漁3
 (漁の写真は、船橋市からお借りしました。ありがとうございます)

ハマグリとホンビノス

 ホンビノスはハマグリと一緒に獲れます。(茶色いほうがハマグリ、白いほうがホンビノス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です